あの娘の体は抱き枕 第5話 あらすじ・ネタバレ…ああ、素晴らしきかな「若さ」とは。

「若さ」全開!こんなドキドキは魔法の枕でしか味わえない!

誰もが、若いころ好きな女の子と色々なことをしてみたい!と思っていたはず。そんな皆の妄想を主人公である大貴くんは存分に具現化してくれています!本当に素晴らしいほどの好奇心です!

あの娘の体は抱き枕~僕専用!とろハメ生人形~ 第5話あらすじ

 

抱き枕が詩乃になり、全てが本物になった詩乃を見て大貴の性欲は爆発してしまいます。

 

性欲を抑えきれなくなった大貴は、唇にキスをし、ふくよかな胸を揉み、あそこをいじり、口にも入れ、やりたいと思っていたことすべてを、やりつくします。

ここまですると、中のほうもすごく確かめたくなり、詩乃のバージンを奪うことにも成功し、ついには詩乃をイかせたいと言う思いも抱くようになるのです。

好きな娘の中に沢山出し、すごく満足した大貴でしたが、それだけではおさまらなかったのです。

 

次は、詩乃をイかせるために、バックから腰を振ります。
詩乃の表情は感じていてすごく色っぽいのですが、起きる気配はなく寝ています。

そして、詩乃がイった表情もたまらなくいやらしいです。

 

目的を達成させることが出来た大貴は、調子に乗って更に詩乃をイかせようとするのです。

抱き枕だと言うことを忘れるくらいに何度も詩乃をイかせ、気絶するくらいに何度もイき、気持ちよくなる詩乃がここでもすごく色っぽくかわいいです。

 

大貴がイった時は正常位でしたが、詩乃を何度もイかせようとしたときはバックが主に多いです。

一晩でいろいろなエッチが出来た大貴ですが、ラストはどれほどの展開になっていくのかがみどころです。

そして、エッチが終わった後の詩乃が最後にはどうなってしまうのか?もすごくみどころになっています。

 

抱き枕が、感じて何度もイってしまうなんて、本当に非現実的で、面白いストーリーになっています。

全体的にコミカルなストーリーになっていますが、エッチなシーンもすごく濃厚に描かれています。

ラストでは、詩乃がどんな表情で感じて絶頂するのかもすごく楽しみです。

そして、現実の詩乃と大貴のその後はどうなっていくのかもすごく楽しみなところです。

 

⇒ あの娘の体は抱き枕~僕専用!とろハメ生人形~ 第6話へと進む!

 

このページの先頭へ